バイアグラ(ED治療薬)

バイアグラ(ED治療薬)

バイアグラは世界で初めて販売されたED治療薬と言うこともあって、男性用医薬品でありながら女性にも名が知れてる知名度の高い薬です。

服用することでEDの原因となる血行不良を改善しながらPED-5酵素を抑える事で持続時間内は勃起を持続することができます。

もちろん、日本のクリニックでも処方されている医薬品ですが、個人輸入代行を使えばより安く、面倒な診察や通院の手間が省くことができ、結果的に半額程度で購入することができます。Amazonや楽天では、販売されておりません。

内容量 価格 単価(1錠)
50mg/4錠 5,380円 1,345円

バイアグラの特徴

バイアグラは1998年、アメリカの製薬会社ファイザー社によって手掛けられ販売されたED治療薬です。
もとは狭心症を治療するために開発が進められ、臨床試験段階で試験者が回収を拒んだところから、勃起する薬として更なる研究が進められた経緯があります。

日本では遅れて1999年、3月より輸入開始され今もなおクリニックで取り扱われるED治療薬となっています。

今では日本だけでなく世界110か国でEDに悩む男性に処方される医薬品でありながらその特徴は「勃起力の強さ」です。
のちに遅れてレビトラやシアリスと言ったED治療薬が販売されているものの、未だバイアグラの強さに勝る医薬品はなく、その強さからバイアグラしか服用しない男性ファンもいるほどです。

錠剤は青く、ひし形の形となっており日本では25mgと50mgの販売となっていますが、海外男性は日本人と比較して体格が大きいことから100mgまで取り扱われています。
個人輸入を使うことでこのアメリカンサイズである100mgを購入することも可能です。

後述させていただきますが、日本では成分であるシルデナフィルの推奨用量が50mgまで。となっているため100mgをあえて購入し、錠剤を半分にカットすれば1錠で2回分の役割となるため、経済的にも良く続けやすい特徴があります。

服用後は約60分程度で身体に馴染み、約4時間程度効果を持続するED治療薬、それがバイアグラです。

バイアグラの効果・効能

バイアグラの効果は一言で言ってしまえば勃起を助長させる薬になります。
EDにも様々な原因があります。

例えば糖尿病や動脈硬化など血液循環が悪くペニス周辺に血液が集まらないことで引き起こす問題や、マンネリなどによって勃起しないなど様々な原因が挙げられますが、どれもバイアグラを服用すればこれらの問題を解決することができます。

その理由として挙げられるのが有効成分「シルデナフィル」

シルデナフィルはバイアグラに含まれている有効成分になりますが、血管拡張作用があり血流を改善する効果があります。
これによってペニス周辺に血液を集める事で血行不良が改善され、ペニスが血液を十分に含むことで勃起を引き起こすアシストとなります。

そしてもう一つがPED-5の存在。
男性は勃起状態になると、永遠に勃起状態にならないように、PED-5と呼ばれる勃起を静めさせる効果のある酵素を分泌しています。
しかしEDの場合には、射精していないのにも関わらずこの酵素が多く、本来勃起したい!そんなときに酵素分泌量が多い事で中折れなどを引き起こします。

シルデナフィルはこのPED-5を抑える役割もあり、確実な勃起を得ることができる医薬品です。

バイアグラの価格

個人輸入代行サイトの「お薬なび」さんで簡単に格安で通販しましょう。

Amazonや楽天では、販売されておりません。

内容量 価格 単価(1錠)
50mg/4錠 5,380円 1,345円
50mg/12錠 15,330円 1,277円
50mg/28錠 33,600円 1,200円
100mg/4錠 5,780円 1,445円
100mg/12錠 16,350円 1,362円
100mg/28錠 35,400円 1,264円

バイアグラの副作用

ここまでお話を進めるとEDに悩む男性にとってはバイアグラ一択になってくるようにも思えます。
しかし効果の欄でお話したように、バイアグラは数あるED治療薬の中でも効果が極めて強いため、反面で副作用も強く出る場合があります。
主に血管拡張によって引き起こす軽度なものが一般的です。
分かりやすく言えば、お酒を飲んで顔がほてるようなイメージを持ってもらえるとわかりやすいのではないでしょうか。

ここではバイアグラを服用した際に引き起こす副作用を解説します。

  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸
  • 高血圧
  • 消化不良
  • 腹痛
  • 胃炎
  • 便秘など

どれも軽度なものとなっていますので、深刻に捉える必要はありません。
むしろこれらの症状が出始めた=シルデナフィルが体内に馴染んだ証拠でもあるので目安に性行為を行う方もいます。

しかし長引く場合には医師に相談しましょう。
これらの他に重大な副作用も報告されています。
次のような症状が出た場合にはバイアグラの服用を中断してすぐに医師に診察してもらいましょう。

  • 一時的な視力喪失
  • 勃起の延長
  • 発作、不安

バイアグラは血管拡張作用があることから血圧に大きく関係します。
もともと低血圧の方が服用することで急激な降圧作用によってめまいなどを引き起こす可能性があり、成分にアレルギーをお持ちの場合にはアナフィラキシーショックを起こす危険もあるため注意しましょう。

また海外ではバイアグラの服用によって視界が青緑色に見えるなど視力低下などが報告されています。

バイアグラの注意点

バイアグラを服用する際には副作用のほか、別の医薬品との併用にも注意しなければいけません。
飲み合わせの悪い医薬品を服用してしまうと、副作用が強く出てしまったり健康被害に繋がる恐れがあります。

ここでは併用する際に絶対に禁止されている医薬品と注意すべき医薬品の紹介を続けてお話しします。

併用禁止

  • 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)

これらはバイアグラの血管拡張作用との相性が悪く、急激な降圧作用によってめまいなどを強く引き起こすため危険です。

  • アミオダロン塩酸塩

バイアグラとの併用によってQTc延長作用が増強され、QTc延長があらわれる場合があります。

  • sGC刺激剤(リオシグアト、アデムパス)

バイアグラと併用してしまうと症候性低血圧を引き起こすため危険です。
上記3つに関しては、バイアグラとの併用が禁止されている「併用禁止薬物」となっているため、絶対に併用しないでください。

併用注意

  • チトクロームP450 3A4阻害薬、誘導薬

血漿中濃度が上昇し、最高血漿中濃度が上がることからバイアグラの副作用が強く出てしまう場合があります。

  • 降圧剤
  • α遮断剤
  • カルペリチド

バイアグラの血管拡張作用と相性が悪く降圧作用が強まってしまう場合があります。

併用注意薬に指定されているため、今現在服用している場合にはバイアグラの服用前に必ず医師に相談してから服用開始しましょう。

まとめ

バイアグラとの併用が禁止・注意されている医薬品の紹介をしました。
持病や治療中の疾患によって上記医薬品を使っている場合には、必ず医師に相談してから服用する必要があります。

また上記は医薬品の併用を書きましたがバイアグラをもともと服用してはいけない方もいます。

  • シルデナフィルにアレルギーがある方
  • 心血管系障害のある方
  • 重度の肝機能障害がある方
  • 低血圧の方(90/50)以下
  • 禁忌の枠で紹介した薬を服用している方
  • 網膜色素変性症患の方
  • 脳梗塞、心筋梗塞などを半年以内に発症している方

副作用と併用禁忌に関しては外部リンクを張り付けておきますので確認しておきましょう。

参考サイト:
KEGG

バイアグラの口コミ

バイアグラは日本でも処方されている安全性が確立されたED治療薬です。

しかし日本国内で処方箋をもらい、購入するためには自由診療扱いとなっている以上、明確な治療費が設けられておらず高額になってしまいがちです。

個人輸入代行を使えば診察の必要がなく、現地からバイアグラを直接購入できることから安値で購入することができます。

そんな個人輸入代行を使っている人たちは、どんな方なのでしょうか。

福島県・30代前半(男性)

バイアグラはもう10年も前から使っています。
当初は個人輸入代行などというものもなく、毎回バイアグラを切らしては病院にいって、薬代など合わせて15,000円程度支払っていました。
たった4錠のためにですよ?
今は個人輸入で診察も必要なく買えているので当時のことを思い出すとただセックスに使うだけの薬に何故高額なお金を出していたのか、自分でも謎めいています。

岐阜県・30代後半(男性)

バイアグラを医療機関でもらうとなると、私が通っている病院では4錠で6,000円程度します。
それに加えて病院が遠いので電車でいかないといけないため通院費もかかりますし、診察も合わせると物凄い金額になります。
妻が毎晩のように求めてくるので、月に換算すると5万円以上かかって続けられません。
通販で大量に買っておけば送料も無料になるので、凄く良いです。

埼玉県・40代後半(男性)

通販でバイアグラを買っています。
若い頃に足をやってしまい、この年で足を引きずりながらの通院はなかなかにしんどいものがありますが、通販で買えば自宅まで配達員が届けてくれるので、助かります。

口コミまとめ

バイアグラを通販で購入するメリットはやはり診察がなく、安値で購入できる点となっているでしょう。

結局のところ、日本で処方されるバイアグラと同じものが診察なしで購入できることを考えれば医師の診察は不必要といったところでしょうか。

バイアグラの体験談

続いて通販サイトを使っている方の口コミと合わせてバイアグラの体験談も集めてみました。

岡山県・30代後半(男性)

シアリス、レビトラ、これらを飲んでみましたがバイアグラよりも勃起力が弱く、物足りなさを感じます。
バイアグラの魅力はやっぱり何と言っても力強さですので、女をヒィヒィ言わせたい人はバイアグラ一択でしょうね。

大阪府・50代前半(男性)

50になってもセックス大好きで、バイアグラなしでセックスすることはできません。
バイアグラは副作用も強く、動悸がこの年ではしんどいですがそれを耐え抜いたセックスが最高に気持ち良いです。

栃木県・40代後半(男性)

始めはバイアグラの副作用が怖くて副作用できずシアリスのジェネリックを使っていました。
飲み始めてから効果が出るまでに遅い、効果も弱かったと言うこともあってバイアグラに惹かれていました。
勇気を出して飲んでみると思ったほど副作用が強くなく安心です。
シアリスやレビトラに慣れている人であれば確かに強くは出ているのかなと思います。

体験談まとめ

バイアグラは効果の強さだけに副作用も少し強く出ると言った口コミが寄せられていました。
個人差はあるものの、やはり勃起力でいえばレビトラやシアリスと比較すると比べ物にならないようです。

バイアグラジェネリック紹介

これまで紹介してきたバイアグラですが、バイアグラはジェネリックも存在します。
国内ではサワイや、あすか製薬などからも販売されていますが、海外ではそれらのジェネリックよりも安く、用量の多い物なども取り揃えられており非常に便利です。
ここでは海外のバイアグラジェネリックでは、どのようなものがあるのかピックアップしていきます。

バイスマ

バイスマはインドのレクメズ社が製造を行うバイアグラジェネリックの1つです。

レクメズ社が手掛ける医薬品は全てジェネリック医薬品となっているため、ジェネリックに対する品質管理がしっかりされており、安全性が確立されています。

安全性が確立されている特徴として挙げられるのが日本人による全面監修されている点に尽きます。
これによって現地の表記ではなく発送国に合わせたパッケージにすることで服用しやすさを実現し、錠剤を小型化にして飲みやすさ、価格も抑えることに成功しています。

用量は25mgはなく50mgと100mgとなっているため、日本人が錠剤を半分にすると体質にも合って経済的に服用することができます。

カマグラゴールド

カマグラゴールドはアジャンタファーマ社が手掛けるバイアグラジェネリックです。

カマグラと言えば早漏防止薬を含んだスーパーカマグラ、飲みやすいジェルタイプに水のいらないフィルムタイプなど様々な商品を展開していますが、このカマグラゴールドは純度100%のシルデナフィルを配合したもっともポピュラーなED治療薬です。

バイスマ同様に50mgと100mgの2種類販売されており、同じように錠剤を半分にすることで経済的に服用できます。

スーパーバイスマ

スーパーバイスマはバイスマの上位互換にあたる、シルデナフィル+早漏防止効果を合わせ持つED治療薬です。
シルデナフィルがバイアグラと同じ効果を発揮しながら、ダポキセチンが脳の興奮を静め、早漏を防止する医薬品となっております。

販売はバイスマと同じレクメズ社が担っていることで日本人監修された商品となります。
要領が160mgのみとなっており、シルデナフィル100mg、ダポキセチン60mgとなっているので日本人には少し多い用量となります。

こちらは必ず半分にカットして推奨用量を正しく守ることで効果を得ることができるバイアグラジェネリックです。

まとめ

日本でもバイアグラジェネリックは多くの製薬会社から販売されていますが、結果的にクリニックでなければ処方箋を受け取ることができません。

となると結果的に通院は必然で、診察を受けることから薬代を抑えられても診察代で高額になってしまい、バイアグラと同等の価格帯は避けられません。

3つ紹介したバイアグラジェネリックはどれも国外のものとなっているため、通販サイトを利用することで安値購入することができますよ。

バイアグラジェネリック比較

上記で紹介したバイアグラジェネリック3種はどれもシルデナフィルを配合しているため、バイアグラと同じ効果を持ち合わせています。
そのため比較するとなると、金額面がもっとも分かりやすく比較対象になるのではないでしょうか。

ここでは実際に販売されている通販サイト「お薬なび」さんで、どれくらいの価格差があるのか比べてみましょう。

Amazonや楽天では、販売されておりません。

商品名 内容量 価格

バイスマ

50mg(4錠) 1,700円/425円(1錠)
100mg(4錠) 1,750円/437円(1錠)

カマグラゴールド

50mg(4錠) 1,840円/460円(1錠)
100mg(4錠) 1,840円/460円(1錠)

スーパーバイスマ

160mg(4錠) 2,000円/500円(1錠)

バイアグラの総括

バイアグラは国内でも処方される安全性が確立されたED治療薬です。
購入するためには、ED治療薬を取り扱う医療機関でしっかりと診察を終わらせて、処方箋をもらい購入しなければいけません。

日本でのED治療は明確な金額が設定されておらず保険も適用されない「自由診療」となっているため、1錠当たり1,500円程度が相場であり、診察代も合わせると1万円ではたりないでしょう。

通販サイトを使えばこのような診察代がかからないことで、バイアグラをより安く購入することもできますし、多くのジェネリックから選択する事も可能です。

この記事では紹介しませんでしたが、これらのジェネリックの他、ゼリータイプや水なしで服用できるバイアグラジェネリックが通販サイトにはありますので、現在バイアグラを服用している方も、これから服用を考えている方も通販サイトは利便性が高いと言えます。