個人輸入の医薬品購入に関して

個人輸入の医薬品購入に関して

医薬品を購入するには医師から処方箋を受け取り、薬局に処方箋を渡して受け取ることがほとんどだと思います。

実はそれだけではなく、医薬品は海外からも購入することができます。
その方法が個人輸入です。いくつか制約がありますが、個人輸入であれば日本で処方されている医薬品や、日本では発売されていないジェネリック医薬品などを購入できます。

海外医薬品の購入を考えている方に、個人輸入代行業者が運営するサイト「お薬なび」がおススメです。販売されている医薬品の成分鑑定も行っているため、信頼性があり偽物の心配もありません。海外製の様々なジェネリック医薬品を扱っており、価格も国内で処方してもらう安価で購入することができます。

個人輸入とは

個人輸入とは海外製品を個人で購入し、海外から輸入する行為を指します。
海外で発売されているもので、国内で購入できない場合に、既定の条件内であれば海外から購入ができます。もちろん海外医薬品も含まれています。

これは日本の薬機法でも認められている方法なので、違法という訳ではありません。
例えば、長年海外で過ごしていた方が日本に来た時に、海外で使用していた医薬品が国内で手に入らず、代替品を望まない場合など、海外から医薬品が個人輸入が出来ないと、とても不便だからです。

個人的とはいえ輸入を行うため関税がかかる場合や、注文・発送トラブルがあった場合、海外の言葉でコミュニケーションが必要になることも考えられます。
現在日本には様々な個人輸入を代行する業者があり、その業者が運営しているECサイトを通じて商品を購入するのが一般的になっています。

個人輸入に必要な手続きや関税、トラブルに関することなどを代行してくれるので、とても効率よくスムーズに海外製品を購入することができます。

>>バリフ(レビトラジェネリック)

個人輸入での医薬品の買い方

個人輸入業者が運営する通販サイトは、すべて日本語で作成されているので、日本のネット通販をするのと変わらずに医薬品を購入することができます。
手順は以下の通りです。

  1. サイトから希望する商品を選びカートに入れます。
  2. 選んだらカートへ進み、数量を確認後決定します。
  3. 決定後、購入者の名前や連絡先、住所などの情報を登録します。
  4. 支払い方法を選択し、お支払いをします。

支払いが完了すると配送になりますが、この時に配送会社から荷物の追跡番号が発行されます。現在荷物がどこにあるかを確認できる、配送会社のサービスです。

海外からの配送は特に時間がかかり、届くのか心配になることもあるので、このサービスにより荷物がどんな状況か確認することで安心して荷物を待つことができます。

医薬品の個人輸入に関しての注意事項は、以下の2つがあります。

  • 購入者のみが使用する
  • 購入する量は1~2か月使用する分

個人輸入は基本的に自分が使う分しかできないことになっています。数が多いと自分以外が使用するものや、販売目的と見なされてしまうことがあります。それにより、追加で関税が請求されることもあります。

個人が使用するものなので、発送先は自宅や近くの配送集積所のみに限定されます。例えば最寄りの郵便局留めなどです。配送先が職場など住んでいる場所以外では、配達されずに発送元に送り返される事にもなりますのでご注意下さい。

>>バリフ(レビトラジェネリック)

個人輸入の支払い方法

海外医薬品を通販サイトを利用した場合の支払い方法は、主に以下のものがあります。

  • 銀行振込
  • クレジットカード払い
  • コンビニ払い

商品を購入すると、サイトから決済方法の選択をします。銀行振込であれば振込先の銀行や番号が案内され、クレジットカード払いでは、必要項目にクレジットカード番号などを入力します。

>>バリフ(レビトラジェネリック)

安心できる個人輸入代行サイトの選び方

海外からの医薬品の購入はいつでも注文が出来て、価格も安くとても便利です。しかし、慣れていない方はとてもハードルが高く感じるものです。

そして海外通販サイトの中には、偽物を扱う悪質なサイトもあるので注意が必要です。安心して海外医薬品を購入するには、どんな個人輸入代行業者を利用するのが良いのでしょうか?
以下の項目に当てはまる通販サイトは安心していいと言えます。

  • 長年運営されている
  • 成分鑑定を実施している
  • 価格が安すぎない
  • 電話番号の記載があり、サポートデスクが設置されている
  • 利用規約が明記されている
  • サイトのアドレスが「https」になっていて、サイトのセキュリティーが実施されている
  • マイナスの口コミが少ない
  • ポイント還元率が高い
  • 銀行振込やクレジットカード払い、コンビニ払いなど、支払い方法が複数ある

これらの条件に全てでなくても当てはまるサイトを選ぶようにしましょう。

>>バリフ(レビトラジェネリック)

個人輸入の総括

個人輸入は海外の医薬品を購入する方法の一つとして、法律で認めらています。

個人でももちろんできますが、個人輸入代行業者を利用すれば、スムーズに購入することができます。個人輸入に関する手続きも代行してくれる便利なサービスとして一般的な購入方法となっています。

医薬品の個人輸入は、安価で医薬品が購入でき、通院の必要も無いなどのメリットがありますが、配送に時間がかかる、医薬品の使用に関してはすべて自己責任になるなどのデメリットももちろんあります。

すぐに薬が必要になる場合には病院へ行き薬を処方してもらい、常備薬として手元に必要なものや長期間使用するものなどは個人輸入を利用するなど、使い方に合わせて選択をするのがおすすめです。

参考・引用先:
医薬品・化粧品等の個人輸入について(東京税関)

>>バリフ(レビトラジェネリック)